美容師のやる気まんまんブログ


by icrqscz5qo
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件に絡み、計1億円を小沢氏側に提供したとされる中堅ゼネコン「水谷建設」(三重県桑名市)の元幹部らが「大手ゼネコンから提供資金の補てんを約束されていた」と話していることが分かった。計1億円のうち最初の5000万円が渡されたのは04年10月で、陸山会の土地購入時期と重なることから、東京地検特捜部は水谷建設を介して大手ゼネコンから土地購入資金を提供された疑いがあるとみている模様だ。

 これまでの調べによると、水谷建設は04年10月、大手ゼネコン「鹿島」など3社の共同企業体(JV)が落札した国発注の胆沢(いさわ)ダム(岩手県奥州市)の「堤体盛立工事」で下請け工事を受注。特捜部の事情聴取に水谷建設元幹部らは、陸山会の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=に「受注の謝礼として04年10月、東京都内のホテルで5000万円渡した」と説明したとされる。

 05年3月には「大成建設」などのJVが落札した同ダムの「原石山材料採取工事」でも下請け工事を受注。やはり謝礼として05年4月、小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反で公判中=に同じホテルで5000万円を提供したと話しているという。石川氏と大久保被告は、こうした資金受領を調べや周囲に否定しているとされる。

 資金提供について水谷建設元幹部らは「大手ゼネコンが補てんしてくれるというから金を出した」と、元請けの依頼だったと周囲に説明していることが新たに分かった。特捜部にも同様に話しているとみられる。

 大手ゼネコンのうち鹿島については、特捜部が13日に東京都港区の本社や仙台市の東北支店、同支店元幹部の自宅を政治資金規正法違反(不記載)容疑で家宅捜索した。

 胆沢ダムを巡っては、西松建設の違法献金事件を巡る公判で、検察側が「大久保被告から『胆沢ダムは小沢ダムだ』と言われた」とする西松建設関係者の供述調書を朗読。特捜部は、同ダム工事を受注した大手ゼネコンの意向で下請けの水谷建設が小沢氏側に資金提供した可能性もあるとみて、13日の捜索で押収した資料の分析を進めているとみられる。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:強制捜査に発展 世論読めず、戦々恐々
陸山会会計処理:石川議員元秘書が「証拠隠した」と上申書
陸山会土地購入:鳩山首相、小沢幹事長の続投認める
陸山会土地取引:「1億円は小沢氏側要請」水谷建設元幹部
陸山会土地取引:強制捜査 政府内で国会運営への影響懸念

民主議員、小沢氏問題の報道に「誤報」指摘 法相はあっさり否定(産経新聞)
<石川議員逮捕>失職恐れる 否認理由漏らす(毎日新聞)
<地震>北海道大樹町などで震度3=午前3時46分(毎日新聞)
「小沢さんの説明不十分」地方代表から不満(読売新聞)
診療報酬詐欺の被告、奈良・山本病院理事長を保釈(産経新聞)
[PR]
# by icrqscz5qo | 2010-01-21 18:19
 北アルプス奥穂高岳で昨年9月、岐阜県防災ヘリコプターが墜落して同県職員3人が死亡した事故当日の夜、古田肇知事(62)が、岐阜市内のホテルで開かれた酒宴に出席していたことが、15日分かった。古田知事は「酒に口をつけたかもしれないが、報告は逐次受けており、事故への対応にぬかりはなかった。何かを犠牲にして会合に出たわけではない」と話している。

 事故は昨年9月11日午後3時20分ごろ発生。古田知事によると、懇親会は女性幹部職員との親交を深めるため年1回開かれている。知事は午後7時40分に退庁し、約30人が出席する中、午後8時ごろから1時間近く参加したという。会場の女性職員に事故の担当者はいなかった。08年は給与をめぐる職員組合との交渉のため、出席しなかったという。

 古田知事は「会合は女性職員の意見を聞くためのもので、公務として必要だった。遺族対応についても、他の職員に、遺族の気持ちを大切にするようにと指示していた。会合後も午前4時まで、自宅から電話やファクスで対応を職員に指示していた」と話し、酒宴への出席に問題はなかったとの考えを示した。

 古田知事は通産省出身。2005年1月初当選し、現在2期目。【山田尚弘】

【関連ニュース】
日航:御巣鷹遺族らが要望書 合理化で事故再発不安
ジャマイカ:米旅客機がオーバーラン 40人以上けが
長崎海自ヘリ墜落:海幕長陳謝 原因究明と再発防止に努力
墜落海自ヘリ:機体を引き揚げ 長崎沖
海自ヘリ墜落:機体見つかる、乗員1人も 水深100Mで

<連れ去り>車内の乳児、5分後に屋外で保護 名古屋(毎日新聞)
「河野太郎総裁」なら離党しなかったかも(産経新聞)
9階から高1男子転落死=那覇(時事通信)
元日通社員に有罪判決=2億円強奪、輸送車情報漏らす−津地裁(時事通信)
子ども手当負担「事前に話ない」知事会長が批判(読売新聞)
[PR]
# by icrqscz5qo | 2010-01-21 00:40
 放射線の一種を照射して突然変異を誘発し、春と秋に咲くサクラの新品種を、理化学研究所などがつくった。室内では一年中咲かせることが可能という。

 研究チームは、山形県などで栽培され切り花として出荷されている「敬翁桜(けいおうざくら)」の枝10本に06年、加速した炭素イオンを照射し、接ぎ木により育てた。このうちの1本の系統は、温室で栽培すると季節を問わず一年中、花をつけた。野外では、春と秋の二つの季節に咲いた。ピンクの一重の花をつける新品種は「仁科乙女」と名付けられた。

 通常、日本のサクラは夏に花芽ができ、晩秋に休眠に入り、冬の寒さで目覚めて春に開花する。新品種は低温にさらされなくても、いつでも咲くという。また、冬の間低温にさらすと、4月の開花ではもとの品種の3倍も花をつけ、花持ちも長くなった。

 理研の阿部知子チームリーダーは「遺伝子の変異で、開花に寒さを必要としなくなったとみられる。この方法は傷つく遺伝子が少なく、育種年限を短くでき新品種開発にも有効だ」と話している。

 仁科乙女は3月から、一般向けに1株8000円程度で販売予定という。【下桐実雅子】

【関連ニュース】
白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生
ウナギ:祖先は深海魚? 川を上り、海で産卵の謎解明も
掘り出しニュース:リュウグウノツカイ:深海の珍魚上がる 黒部の海岸で
トラ:白い五つ子、こんにちは−−チリの動物園
白いトラ:五つ子の赤ちゃん…チリの動物園で誕生

<掘り出しニュース>せんべい汁、そば……北にもコナモンあります! 博覧会始まる(毎日新聞)
<人事>財務省(毎日新聞)
<普天間移設>辺野古は困難…防衛相「越年で覚悟」(毎日新聞)
ハラソ祭り おしろいの男、クジラ打ち再現…三重・尾鷲(毎日新聞)
小沢氏問題で民主激震…首相は強気? 党内に「答えるな」の指示も(産経新聞)
[PR]
# by icrqscz5qo | 2010-01-19 16:46